capriccioso~気まぐれに~

多趣味な筆者が、好きな本や音楽(ジャンル色々)、アニメ、キャラクター等々を紹介したり、日常の気付きを綴ります。

突撃!寿嶺二先輩の魅力!

そんなわけで今日は、『うたの☆プリンスさまっ』に登場する寿嶺二先輩について語っちゃいます!

 

…え?昨日と全然中身のジャンルが違うって?…すみません、私ものすごく雑食なので…

 

☆寿嶺二ってどんな人?

 

ズバリ!こんな人です!↓

f:id:hono6260:20161203010836j:image

 

うたプリのアニメでは、2期からの登場になりましたね。(1期も最後にちょこっと出たけど)

彼は、『QUARTET★NIGHT』というグループのリーダーであり、うたプリの中では皆のお兄さん的ポジションにいます。

 

どんなときにも笑顔で、後輩の皆にも優しい嶺二先輩はみんなの人気者!

 

『嶺二…先輩?…ふっ、あははっ!嶺ちゃんでいいよ!』

2期の1話で嶺ちゃんが後輩の音也にそう言っていたので…ここからは嶺ちゃんと呼ばせてもらいますね。

 

ちなみに、彼の声を担当していらっしゃるのは、森久保祥太郎さんです!

 

 

さて、そんな嶺ちゃんは基本的にちょっとレトロなお兄さんで…

2期で登場時の一番最初のセリフは…

 

『よろしくマッチョッチョ!』

 

f:id:hono6260:20161203011908j:image

 

だったため、1部の方々は『マッチョッチョ先輩』と呼びます…笑

 

面倒見の良い嶺ちゃんは、グループの中でも最年長!(25歳です) すぐに喧嘩をおっぱじめるチームメイト達を宥める仲裁役であり、皆のドライな応対にもめげずに、年中無休『みんなのアイドル』で居続ける…まさに、先輩の鏡!

(ちょっとテキトーな部分もあるけど)

 

しかし、そんな底抜けに明るい嶺ちゃんには忘れられない、心の傷があるのです…

 

細かいことを話すとネタバレになってしまうので言えませんが…アニメでは未だ描かれていないものの、PSPで発売されたゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪All STAR』の嶺ちゃんルートでは、それまで完全にハッピーおちゃらけキャラだった嶺ちゃんの薄暗い部分が明らかになっています。

(ちなみに、私はPSP持ってません。友人にストーリーを聞いてから、喉から手がでるほど欲しいのだけれど…)

 

辛い過去を背負いつつも、それを悟られぬように笑って、笑って、笑って…見ている人々に元気を届けようとする嶺ちゃん。

もちろん、普段のおどけた、心からニコニコしている嶺ちゃんも大好きですが…たまに見せる、先輩としての真剣な表情、アイドルとして皆に喜んでもらうための努力は惜しまない真面目さが堪らない…

 

 

☆そんな嶺ちゃんの曲は?

 

私の中で1番のお気に入りは、昨年2015年の3期『マジLOVEレボリューションズ』にて登場したソロ曲、『NEVER…』ですね!

 

ちょっと昭和を思わせるような、エレキと金管系ストリングスの絶妙なメロディー。

森久保さん演じる嶺ちゃんの歌声は、聴いている私たちの心を下からグイッと押し上げて、明るく照らしてくれるんです!

俯いていた顔を、思わず上げてしまうくらいのパワーと元気をくれるのです!

 

もし今、どんよりした気分の方、上手くいかなくて落ち込んでいる方がいらっしゃれば、騙されたと思って聴いてみてください!

(YouTubeには視聴版しかないですが…)

 

ちなみに、最初のソロ曲である『溺愛テンプテーション』はノリノリのダンスナンバーで、退屈なときに聴くとものすごく愉快な気持ちになれますよ!

途中で入る合いの手がカッコ良すぎて…!

 

☆最後に1言

 

まあとにかく、皆さんも嶺ちゃんの魅力にぜひとりつかれてみてください!

うた☆プリをまだ見たことの無い皆さん!ぜひ、1話だけでもいいから見てみてください!

ストーリーももちろんですが、1人1人キャラクターがとても魅力的で…

 

なんと言っても曲ですよ曲!

うたプリでは、アイドル1人1人にソロ曲やデュエット曲、グループ曲があります!アニメでは1話につき1曲、新曲が出てくるのです!

その曲の完成度と言ったら…!

 

実は私、音楽を志す者であります。

とは言っても、私の主とするところはクラシック。バッハ、ベートーベン、ショパン…普段練習し、勉強し、演奏してきたのはそういう音楽なのですが…

 

昔から作曲にも興味があり、独学で教本を買って作曲理論を学び、作曲ソフトを購入してチマチマと曲を作ったりしています。が…やはり難しい。理論は学んでいても、なかなか納得のいくメロディーが、リズム感が、ハーモニーが浮かんでこないものですね。

 

…脱線しましたが、要するに、キャラクター毎に全く違った曲を紡ぎ出せる『Elements  garden』(うたプリの音楽を担当している作曲家)の皆様はスゴい、ということです。

 

…あれ?違う違う!

1番伝えたかったことは要するに…

 

皆さん!ぜひ、寿嶺二先輩の魅力を感じてみてくださいね!!

 

では!また!
f:id:hono6260:20161203133227j:image